ビジログ

マーケティングを中心としたビジネス関連とブログ術の二本柱

アクセスが欲しいならまずはブロガー気取りをやめてはいかが?

f:id:netlifehack:20170720205830g:plain

どうも、むむむです。

今日はすごーく偏見といいますが、かなり個人的な考え方に基づく話を書かせていただきます。

タイトルの通りなんですが、ブログでアクセスを伸ばしてお金を稼ぎたいのであれば、まずブロガーを気取ることを止めることから始めましょうって話です。

一応ブログでお金を稼ぎたいと考えている人に限った話なので、ブログを趣味や日記と考えている方は他の記事をご覧ください!

ブロガーを気取るとは?

ブロガーを気取るとはどのような事かと言いますと、大きく二つのタイプのブログを指しています。

  1. 正しいわけでもないのに持論を語っているブログ
  2. 自分の過去の経験を語っているブログ

誤解がないように言っておくと、自分の考えや経験を書くことは決して悪いことではありません。あなたの経験や考えを聞いて、誰かが役に立つと感じればそれはそれで立派なコンテンツです。むしろ、ブログの正しい姿だとも言えるでしょう。

しかし、このようなブログは一歩間違えるとただの自己満足な自分語りのブログになり、実際にほとんどのブログが持論や経験を書き連ねた自己満足なブログになっているように感じます。

もう少し具体的に説明しましょう。

例えばはてなブログでは以下のような記事を書いている人が多くいます。

派遣から正社員を目指したらニートになった話

うーん、我ながらいい例が浮かんだなと笑

うまく言語化できず申し訳ないのですが、わかりますかね。この有名ブロガーを気取ってる感じ。

ブログなんて自分が書きたいことを書けばいいのですが、お金を稼ぎたいと思ってブログを始めたのであれば、このような記事を書くのは非常にナンセンスだと思います。

考えてもみてください。ファンもいないブロガーさんがニートになった話、わざわざ時間を使って読みたいと思いますか・・・。

ブロガーとしての才はありますか?

色々と偏見まみれな意見を書いてしまいましたが、別に自己満足な自分語りを書いてもブログで成功する人はたくさんいます。

ただし、その人達はブロガーとして才がある人達です。

ブロガーとしての才能とは、私が思うに人を惹きつける魅力があるかどうかだと思っています。読ませる文才がある人人にはない経験をしてきた人とある分野の専門家など、人を惹きつける魅力があれば自分語りでもお金を稼ぐことは可能です。

試しに人気ブロガーと呼ばれるような方達の記事を見ると、なるほど上記のようなブロガーとしての才があることが分かるはずです。

スポンサードリンク

 

ブログの世界も弱者なりの勝ち方がある

f:id:netlifehack:20170720205855j:plain

色々と偉そうなことを書いてますが、私は文才もなければ、人と違った経験をしてきたわけでもなく、ブロガー戦闘力で言うと推定5のカスブロガーです。

しかし、弱者なりのブログ戦略をとることで、自慢ではないですがそこらの人気ブロガーさんよりも遥かにブログでお金を稼いでいると思います。

弱者のブログ戦略なんて大げさに書きましたが、とてもシンプルな考え方で、

人の役に立つ記事を書く

これに尽きるんです。

もしあなたが私と同じようにブロガーとしての才がないのであれば、自分語りなんかやめて人の役に立つ記事をひたすら書いてみてください。これが弱者がブログで稼ぐための一番の近道だと思います。

人の役に立つ記事とは具体的に言うと、人が知りたいと思っていることに対して回答をしてあげる記事のことです。ハウツー記事なんかはまさにですね。

人気ブロガーを気取って持論を書くより、あなた自身が普段困ったことや疑問に思ったことの対処法を分かりやすく共有してあげた方が、何百倍も人の役に立つはずです。

ちなみに、人の役に立つ記事を書くのであれば、しっかりとSEOを意識して検索からのアクセスを集めるように記事を書いたほうがいいです。

よく人気ブロガーにありがちなキャッチャーなタイトルを付けている人がいますが、弱者こそしっかりとキーワードを意識したタイトルを付けましょう!

最後に

持論を語るなと言っているにもかかわらず、そう言ってる自分がかなり偏見まみれの持論を書いてしまいました・・・。しかも長々と(・_・)

ただ私もブログを書き始めて6年間、自分で記事を書いたり、ライターさんに記事を書いてもらったり、日々色々なデータと睨めっこしながらブログを運営しています。

だからこそブログに関するノウハウは人並み以上にあると自負してますし、今回の記事が誰かの役に立つと信じています。

長々とここまで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。