ビジログ

マーケティングを中心としたビジネス関連とブログ術の二本柱

Twitter上の不快な話題はミュート機能にキーワードをぶち込め!設定方法や便利な使い方をご紹介

f:id:netlifehack:20170817212020p:plain

どうも、むむむです。

はてなブログをはじめてからTwitterをみる時間が何かと増えたのですが、不特定多数のユーザーをフォローしていることもあってか、中には不快なつぶやきがタイムラインに流れてくることがよくあります。

最近だと個人を株式売買のように取引できるサービス『VALU』に関する投稿が多く、正直まったく興味ないしむしろ胡散臭いなーなんて。

人によって不快な話題は色々とあるでしょうが、Twitterを開くたびに嫌な話題が流れてくるのもかなりストレスだと思います。

そんなときにオススメなのがTwitterのミュート機能という設定で、今日はこのミュート機能について解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

Twitterのミュート機能とは

Twitterには特定のアカウントや特定のキーワードをタイムラインに表示させないミュート機能という便利な機能があります。

ブロックをしたくはないけどタイムラインから消したいときなど、使いこなすとかなり便利な機能なのでぜひ覚えておいて欲しい。

特定のアカウントのつぶやきを非表示にする方法

まずは特定のアカウントのつぶやきを、タイムラインに表示させなくする方法を解説します。

ブロックやフォローを外した場合は相手にその事実がわかってしまうので、相手にバレたくないときはこのミュート機能を活用するといいだほう。

特定のユーザーのつぶやきをミュートするには、まず以下の画像の赤枠部分をクリックします。

f:id:netlifehack:20170817205155p:plain

続いて「@ユーザー名さんをミュート」を選択すれば設定は完了です。そのユーザーのつぶやきはフォローをしていても、タイムラインに一切表示されなくなりました。

f:id:netlifehack:20170817205213p:plain

特定のキーワードを含むつぶやきを非表示にする方法

続いて特定のキーワードを含むつぶやきをタイムラインから非表示にする方法をご紹介します。

まずTwitterのホーム画面右上にある自分のアイコンをクリックして、「設定とプライバシー」を選択してください。

f:id:netlifehack:20170817205246p:plain

続いて「ミュートするキーワード」を選択して「追加」をクリックします。

f:id:netlifehack:20170817205313p:plain

ここに特定のキーワードを入力すれば、追加したキーワードを含む全てのつぶやきをタイムラインから非表示にすることができます。

f:id:netlifehack:20170817205344p:plain

ミュート機能の便利な使い方

f:id:netlifehack:20170817212616j:plain

不快な話題を非表示にしてくれるだけでなく、このミュート機能は使い方次第でとても便利な機能なのです。

例えば好きな漫画や映画やドラマなどの内容をTwitterのつぶやきで知りたくないとき、特定のキーワードを入力することでネタバレ防止としても使えるのだ。

私もサッカーの日本代表の試合がリアルタイムで観れないときは、「日本代表」「サッカー」などのキーワードをミュート機能に設定して使っています。

ミュート機能を解除する方法

ミュートしたアカウントを元に戻したい場合は、「ミュートしているアカウント」をクリックし、元に戻したいユーザーの横に表示されているミュートマークをクリックすればOKです。

f:id:netlifehack:20170817205541p:plain

特定のキーワードのミュート設定を解除したい場合は、設定の「ミュートするキーワード」からミュートを解除したいワードの横にあるミュートマークをクリックすればOKです。

f:id:netlifehack:20170817205553p:plain

最後に

Twitterって便利で楽しい反面やはり受動的な側面があるので、見たくないツイートであってもどうしても目に入ってきてしまいます。

そんなときは今回紹介したミュート機能を活用すれば、もっともっと楽しいTwitterライフをおくれるはず。

不快なつぶやきでストレスを溜めるだけ人生の無駄なので、不快な話題はどんどんミュート機能にぶち込んでいきましょう!

 

以上、Twitterの意外としらないミュート機能についてのご紹介でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

良かったら読者登録もぜひぜひよろしくお願いします。

ではでは、See you!!